ホーム > 従来工法の抱える課題 > ピンニング工法

従来工法の抱える課題

施工法1ピンニング工法

振動ドリルによる目地部施工

1.振動ドリルによる穿孔

[騒音・振動・粉塵飛散・粉塵詰まり発生]

2.孔の清掃

3.樹脂注入

[注入後]

4.ピンニング

5.静置

6.パテによる凹凸処理

7.目地仕上げにて完了

湿式低騒音ドリルによるタイル部施工

1.湿式低騒音ドリルによる穿孔

2.樹脂注入

[注入後]

3.ピンニング

[ピンの浮き出し]

4.静置

5.パテによる凹凸処理

6.研磨仕上げ

7.塗装処理にて完了

お問い合わせ

ページトップへ